モデル画像
手の写真

IVANKA BRAND STORY ~ シャンプー開発への挑戦 ~


さかのぼる事数十年、1980年代イヴァンカサロンの前身となる小さな美容室でのお話です。

イヴァンカ誕生のきっかけは、ある疑問からでした。
多くの美容師が昔からシャンプー剤による手荒れに悩んでいました。 「体の一部である手が荒れるシャンプーが果たしてお客様の髪や頭皮の健康に良いのだろうか?」 この美容師にしか感じることのできない疑問が、ヘアケア製品「イヴァンカ」開発のきっかけとなりました。

理想と現実

手の荒れるシャンプーでお客様の髪を洗う事は美容師として間違っている。 正義感にも似た気持ちを抱き、当時取引をしていた美容ディーラーに「美容師の手が荒れない安全なシャンプーを使いたい」と依頼しました。 しかし返ってきた答えは「美容師の手荒れは職業病だから仕方がないですよ」という意に沿わないものでした。 その後も手当たりしだいに、美容ディーラー、美容問屋、製造会社に訪ねてみたものの返答は同様のものでした。

手の荒れないシャンプーが無いのであれば作るしかない。

シャンプーに必要な成分は何なのか?安全な物は何か?人体に悪影響な物は何か? シャンプーについての研究がその日から始まりました。

手作りではありますが、イヴァンカの原型とも言える安全性を追及したシャンプーが完成し、サロンで使用している内に美容師の手荒れが次第に治ってきたのです。 この結果に、私達の考えは間違えてはなかったと確信に変わりました。

しかし次なる疑問が浮かび上がりました。
私達がお客様の髪を美しくできるのは月に一度だけ。残りの29日はお客様のホームケアに委ねられている。 私達の施術する一日よりもお客様自身がお手入れする29日のほうが、髪・頭皮にとって大きな影響を与えるのは明らかです。

このシャンプーを製品化する事はできないだろうか・・? 資金力に乏しい小さな美容室にとって製品化は社運をかけた挑戦となります。苦慮しましたが「お客様に正直でありたい」この思いを持ち続けようと、無謀とも思える製品化を決意しました。

天然成分

シャンプー開発への挑戦

シャンプーの製品化にあたり、私達は基本コンセプトとして安全性と改善効果を掲げました。旧表示指定成分無添加・無着色・無香料・薬用・弱酸性・アミノ酸系で安全性を追求すると共に、シャンプーとしての既成概念を振り払い、高純度の天然成分を高濃度に配合し効果を追求する。

この基本コンセプトは開発当初から現在まで、もちろん今後も変わる事のないヘアケアメーカーとしての「こだわり」です。

研究を重ねるうちに「ヘアトラブル」の多くが、頭皮環境の悪化が原因だと気付きました。

皮脂が毛穴にたまると毛穴が細くなり、生えてくる髪の毛がやせ細ってしまう。 それと同時に毛穴が曲がり、クセ毛の原因になりかねない。 さらに皮脂が毛根にたまり、毛根の働きが鈍って抜け毛が増えてしまいます。

また、ただ頭皮の汚れを取るだけでは意味がなく、汚れを取った後、頭皮を弱酸性に引き締めておかないと余分な老廃物を外に排出できず、皮膚呼吸の妨げになるなど「頭皮環境」を原因とするヘアトラブルの改善が美しい髪を作る条件だったのです。

モデル画像

理想のシャンプーに欠かせない条件

第1にphが弱酸性であること

健康な頭皮の条件に新陳代謝が活発なことが挙げられます。
新陳代謝とは、老廃物が体外に排出されることで、この働きは血液がアルカリ性で皮膚表面が弱酸性であることによってスムーズに行われるので、 新陳代謝を活発にするためにも、血液は弱アルカリ性、皮膚表面は弱酸性に保つことが条件となります。

第2に低刺激であること

洗浄力が強すぎたり、香料やパラベンによる頭皮への刺激、添加成分による毛根やキューティクルへの刺激は頭皮と髪のコンディションを悪化させます。つまり無添加でマイルドな洗浄力が理想なのです。

第3に適度な水分・油脂量を保つこと

乾燥した髪はツヤもなく、まとまりにくいうえに、不健康で汚れているように見られがちです。
実際、傷んだ髪は水分・油分のバランスが崩れているケースが多く見られます。
またコシが出にくい髪は油分が多すぎるためにその重さに負けてしまうから。
つまり適度な水分・油分を保つことも大切な条件の一つなのです。

美容師の理想を形に変えた製品「イヴァンカ」が誕生

無添加で、アミノ酸系の界面活性剤を使用。
髪の美しさを決定するキューティクルや頭皮の主成分と同じ天然アミノ酸を配合することで、髪と頭皮に栄養補給すると共に、弱酸性へのpH調整を行う。
また、枝毛防止成分として天然成分HPCを配合。
保湿効果としては最高級の天然ヒアルロン酸を一般的な美容液の約100倍に相当する高濃度に配合するなど、健康な髪の成分を促すための適度な水分・油分を補給する。
美容師たちの願いを集大成した、髪と頭皮を健康に保つ必要な条件を全て備えたホームケア製品「イヴァンカ」はこうして誕生しました。

サロン技術との融合

IVANKAサロンのトリートメントシステムは、キューティクルの内側・髪のコルテックス内に、それぞれヒアルロン酸と結びついた分子の小さいケラチンを入れ込み、分子の大きいケラチンガンマでタンパク質の流出を防ぎながら最後にコラーゲンで同化させるもの。
髪から流れ出たのと同じ天然成分によって修復された髪は、コルテックス内に8~12%のケラチン(タンパク質)を含みキューティクルの閉じた健康な髪に戻ります。

こうして健康な状態に戻った髪と頭皮を継続させる事のできる製品が開発された事によって、手荒れに疑問を抱き、お客様に正直でありたいと願った美容師の思いが形になりました。

アメリカ版ルージュにイヴァンカ掲載

その後のイヴァンカ

2001年 アメリカ版「ルージュ」で美容業界のエルメスと紹介される

2007年 社会文化功労賞受賞

2008年 国際グランプリ 世界最優秀商品賞

2010年 Eストアーアワード冬 美容部門第1位

2013年 CENTURION「アメリカン・エキスプレス センチュリオン会員(ブラックカード)会報誌」にヘアケアメーカーとして初めて掲載される

  1. イヴァンカHOME
  2. ブランドストーリー

© 2000 IVANKA Ltd,